FC2ブログ


スローライフビューティー日記

九州の海辺の田舎暮らしを楽しみながら、海辺で手作り石けん工房『暇 樂』を営む店主の日々の日記

 Title → 続けるってすごい・・・

2010/06/24(木) 10:37:37
私の知人友人で、1つの仕事を20年とかの人が結構いる。

今の会社の勤めて20年・・・
サロン(お店)初めて20年以上~
会社を創業して数十年とか~

そんな方と話をさせていただくと、あっぱれ頭の下がることがてんこ盛りになるのです。

うちの旦那ちゃんも創業して12年~

実父も、大工さんを12歳で、でっち奉公から初めて、70近くまでずっとひとつの仕事を続けて私たちを育ててくれた。

一言、すごい・・・と・・・

その数十年に渡るプロセスが、手に入れたくても簡単には手に入らない年輪という深みと、自信。

私は、一度リタイヤしているから、まだ7年生。

やっと、中学生ってとこかな。

アラフォーの友人の中には、この道もうすぐ20年になるよ=と語るすごいやつもいる。

昔、市内でお店『サロン』を営んでいたころ、同じく別の形体だけどサロン(お店)を営んでいた友人と、
時々お酒を飲んだりしていた。

若き20代のひよこ経営者?の苦戦続きの日々を共に戦っている感じだったのかも・・・

彼女はその後も今の仕事をずーっと続けてまもなく20年の節目を迎えるらしい。

私は、途中人生のリタイアとリセットをしたわけで、それぞれの30代を生き、アラフォーを過ぎたわけである。

リタイヤやリセットがなければ、私の人生は途中で終わっていただろうと思うし、そのことを後悔はしていない。

でも、20年続けているという深さに感心するし、すごいことだと思う。

他にも、数十年続というかたがたも多いが、みなイバラの道を辿り今を確立している。

この不況の中で、どんな仕事であれ続けることは簡単なことではないと思う。

私もいつもぶつかり模索し、続けていく道に明かりをともしている。

去年、店舗を建て替えてもらったときに誓った、『生涯現役』はぜったいまっとうする。

辞めるという選択肢がなくなってからは、色んな出来事でヘコムことがあっても、前に進むという選択しかない。

ただ、続けるために悩み、模索し格闘するのは自分の未熟さかもしれない。

この、海と山に囲まれた大自然の中で営むことは、普通の起業とはぜんぜん違う。

いわゆる普通というありかたに当てはめようとすると必ず失敗する。

普通は仕事だからというあたりませさはここでは不似合いなのかも・・・

山や海のパワーはそれを必要としない。それを許さない。

7年生の今、ここでの営み方を試されているように感じている。

自然のイズムを無視して営むことはここでは誤作動が起きる。

でも人はどんなときも、仕事をする=生きる

に繋がると思う。

だから、続けることは難しく、すごいことだと思う。

マダマダ、アラフォーなんてひよこ歩きみたいなもんなんだ~と・・・

そんな若干40歳のたわごとでした。
スポンサーサイト



未分類 | TB : 0 | CM : 0 |

HOME
Copyright © 2010 スローライフビューティー日記, All rights reserved.
Icon + Template by odaikomachi