FC2ブログ


スローライフビューティー日記

九州の海辺の田舎暮らしを楽しみながら、海辺で手作り石けん工房『暇 樂』を営む店主の日々の日記

 Title → 手つくりのこころ\(^o^)

2012/03/12(月) 21:24:51
sp.jpg

化粧品ってなんだろ

今日はなんだかさんなことを思う一日でした。

24~5年以上前(きゃーっ年がばれる)化粧品と共に働くようになり、摩訶不思議なことが結構てんこ盛りでした。
18歳のお子ちゃま時代の店主のびっくりは、1本10000円の化粧水や、28000円の保湿クリームの存在。

メイクアップスクールの見習いさんだった店主は、超貧乏
数万円の化粧品は恐ろしいほどの出費
でも、超敏感肌&乾燥肌だった店主はお試し的にいいサンプル。
スクールにはいつもたくさんの化粧品メーカーさんたちが売り込み?に来られていました。
サンプラーなので、割引はしてもらったけどそれでも数万円

あまりの高額商品なので、18歳の小娘は、つけるのにもビクビク
でも、その化粧品は、たっぷり残ったまま、ゴミ箱行き

なんだったんだ、って今でも思うんです。

コスメ に囲まれて過ごした 月日と、サンプラー人生のおかげで、化粧かぶれに見舞われつつ過ごした日々。
10年前糸島半島の暮らすころには化粧品は買うもんじゃない的なくらいコスメ嫌いになってました。

このころ、今、こんな田舎の僻地で石けん屋の女将になっていようとは夢にもおもってなかったです。

なんてったって、コスメと絶縁状態な気分でしたから

まあ、そのおかげ?で、暇楽スタイルはできたわけですが。。。。


なんせ、趣味からはじまってしまったため、価格設定に化粧品メーカーでは4割は占めるほどの宣伝費たるものや、卸価格が考えられておらず、おかげさまで、無広告費(無料で勝手に掲載してくださる雑誌取材さんや、テレビ取材ありがたい宣伝のおかげで、なりたってきております。

ありがたい限りです。

しかし最近、テレビ通販の番組で売りませんか、とか、卸してくださいと多いです。

イヤーでも、無理無理てお断りしてます。

まあ、考え方はそれぞれだし、これがいいとかはないんですが、うちはこれでいいんじゃないかとーー

日常、作っては販売させて頂くーとまあ恐ろしくシンプル。

おかげさまで、お手間がかかりますから在庫が残ってーなんて悲鳴はありません。

どちらかというと、在庫やばいと焦ることしばしば

でも、やり方はきっと変わらないと思う。

お客さまの気配を感じれながら、作りての気配を感じていただきながら、そんな店であり続けていけることが目標。

でも、きっと多分とても幸せなことなんじゃないのかとー思う今日この頃です。

まもなく9年目になる暇楽。

もう、しっかり私の一部になっているkalaku

一緒におばあさんになっていこーね、よろしくね、karaku


スポンサーサイト



未分類 | TB : 0 | CM : 0 |

日曜日の朝は・・・HOME個展~♪

COMMENT

COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  この記事のURL:
   http://kalaku.blog67.fc2.com/tb.php/383-a7b6cc23


HOME
Copyright © 2019 スローライフビューティー日記, All rights reserved.
Icon + Template by odaikomachi